協会理念


協会理念

無人航空機(通称ドローン)を安心・安全に活用していただくために講習会等を開催し、ドローンの知識でけではなく操縦者の操縦技術向上のサポートをいたしております。 ドローン事業の健全な発展と地域社会との調和に寄与し、地域の活性化を支援いたします。

代表挨拶


代表挨拶

この度、前代表の石本に代わり、一般社団法人三重県ドローン協会の代表に就任しました、舘 信介です。前任者同様、引き続きご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

近年のドローンは、飛ばすという楽しさの趣味を越え、災害救助や物流や測量など、実社会において多様な分野で活用されるようになり、これからも更に様々な形で発展していく可能性を秘めています。

もっと身近にドローンと接してもらいたい。

初めてドローンを飛ばした時の、目の前に浮かんでいるその光景は、飛んでいるという感動と、飛ばすことができたという実感。私はこの感覚を、今でも忘れることはありません。

ご存知のとおり、伊勢志摩サミット開催期間中には、全国で初めて三重県にドローンの飛行を規制する条例が、会場である志摩市などに制定されました。この伊勢志摩サミット開催発表を機に、風光明媚な自然環境を世界に発信していくという目的で、一般社団法人三重県ドローン協会(以下 MDA)は設立されました。

ドローンは、その発展・活動として、地域の人々の暮らしをより良くする可能性はありますが、その反面、社会へ安心され、安全な活用をするという社会的責任が求められています。今後ますます撮影・操作技術の向上、安全面の確保の向上、そしてドローンを操作する人材の育成は必須です。

地域資源を有効に活用し、ドローンを活かした地域社会への貢献とともに、併せて持続的な発展のためにMDAでは、それらの点も含め貢献できるように取り組んでいきます。

おわりに、三重県内で開催されるスポーツやロードレースなどの臨場感、素晴らしい自然環境を世界各国へドローンで伝えること。また、特に三重県内の災害時には重要な、地域コミュニティー、地域の消防団、そして警察や消防、行政との協力体制・ネットワークを確立していき、万が一の災害時にドローンを活用して、ネットワークの強みを最大限に活かせるよう、私たちMDAは、地域のみなさんの暮らしに役立ち、地方創生、地域再生への地域発展に積極的に貢献できるように尽力してまいります。

関係される皆様のご協力、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

代表理事 舘 信介